健康保険組合で働く保健師【求人情報・転職予備知識】

健康保険組合の保健師の求人傾向

保健師の最新採用情報によれば、健康保険組合にも医療関係者は勤務しているので、その中の1つである保健師の求人も出ているのですが、基本的に保健師の求人はそれ程多数出ているという事はなく、どこの求人でもそれほど多いという事はありません。しかし、保健師の人数も現在では不足傾向にある事から、正しい求人探しさえできていて、比較的都会であればスムーズに求人を発見でき、すんなりと就職する事も十分可能となっています。では、健康保険組合の保健師求人はどのようになっているのかというと、企業の医務室で勤務する産業保健師よりも少なくなっている傾向にあるのですが、企業の医務室で勤務する求人は、通常1人しか採用しない事が多いのに対して、健康保険組合では複数人採用する事もあるので、募集人数で見てみるとそれほど大きく変わる事はありません。

 

雇用形態は一般の職員として募集をしている事が多く、実際には正社員よりも契約社員として採用している事が多くなっているのも特徴ですが、業務内容がいくつかに分けられていて、部署ごとに1名や2名保健師を採用するというシステムになっている事もよくあります。主な勤務内容としては、高齢者を対象としている部署や、糖尿病や高血圧など現代病とも言われているような病気に関しての部署、その他にも重い病気にかかっているような人や、病気療養中の人を対象にしている部署など、各健康保険組合によっても多少募集内容も変わってくるのでよく確認しておきましょう。

 

休日は土日祝日と年末年始や夏休みなど、公務員と同じく休みが非常に多くなっているので、休みに関してはかなり恵まれていると言えますし、給料も比較的よくなってはいるものの、経験や資格の有無、現在持っている知識などによってかなり差が出てしまう事も多くなっています。ただし、勤務内容によっても給料は変わってきますし、中には保健師としてある程度の経験が無いと採用してもらえないような部署がある場合もあるので、保健師になってすぐ応募するような職種ではありません。