楽天市場のお買い物ポイントが2倍!楽天モバイルの魅力その1

楽天モバイルの魅力の一つに、楽天市場での買い物ポイント倍付けという大きな魅力があります。

今回は、これをご紹介していきたいと思います。

楽天市場の買い物すべてが対象

楽天モバイルの音声通話SIMを契約している場合、楽天市場でのお買い物全てがポイント2倍になります。

これは、楽天市場トップページにも掲載されていますが、「楽天スーパーポイントアッププログラム」の部分を参考にしてみてください。

楽天モバイルの音声SIMを契約するだけで、ポイントが全商品2倍。

さらに、楽天カードを使用している場合、全商品5倍と、かなりの高還元率が期待できます。

5倍ということは、通常分の1倍に対して、4倍分が上乗せされるということですので、上乗せ分がいくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

月間5万円、楽天市場で買い物する場合、2,000ポイントが上乗せされますので、楽天モバイルの代金分ぐらい浮くイメージですね。

楽天ポイントには、2種類のポイントがあります。

・通常ポイント
・期間限定ポイント

これら2種類のポイントが存在し、期間限定ポイントは、期間だけでなく用途も限定されるポイントで、通常ポイントよりも使い勝手が悪くなっています。

通常ポイントであれば、楽天Edy・ANAマイルへの交換等が可能です。
しかし、期間限定ポイントの場合には、楽天EdyやANAマイルへの交換はNGです。

と、ここで気になるのが、楽天モバイル契約特典のポイント倍付けキャンペーンは、どちらのポイントが付与されるのかということですね。

付与ポイントは通常ポイント

楽天モバイルのポイント倍付けキャンペーンで付与されるポイントは、通常ポイントとなっています。

嬉しい!

ANAマイル・Edyへの交換もOK!

つまり、ANAマイルを貯めている陸マイラーの方にも嬉しいキャンペーンです。

また、楽天Edyユーザーさんであれば、楽天Edyに交換して利用できる為、嬉しいキャンペーンですね。

【終了間近】楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルで開催中のポイントバックキャンペーンと端末割引キャンペーンになります。
こちらからキャンペーン内容をご確認ください。

楽天モバイルキャンペーン情報まとめ

iijmio

格安スマホ「IIJmio みおふぉん」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

IIJmio月額プランに関して

IIJmioの料金と速度の体系をみてみましょう。現在のスマートフォン代金と比較して、通信費がどれだけ安く抑えられるか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。これから、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

みおふぉんの料金

IIJmioの料金は、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

みおふぉんの最低利用期間

IIJmioの最低利用期間と解約手数料について、ご紹介していきます。IIJmioの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。それに対してみおふぉんでは12カ月間の縛り期間が定められています。12ヶ月以内に解約しようと思うと、違約金『9,000円』の請求を受けることになります。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

IIJmioの特色

「みおふぉん(JJImio)」という名前、一度は目にしたことはありませんか?株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、長年、格安スマホを利用しているユーザーにとっては、IIJmioという名前は聞いた事があるでしょう。2015年に実施された格安SIMアワード2015の顧客満足度調査にて、総合部門の最優秀賞を受賞するほどの実力があるMVNOサービスです。顧客サポートもしっかりしているので、ユーザー間においてブランドイメージが良好なのも受賞理由として挙げられるでしょう。前置きはこの辺で、IIJmioの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、少しお付き合い頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ!

IIJmioの回線は、大手キャリアであるドコモの回線をそのまま利用しています。NTT docomoと同じ通話品質で利用できますし、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。当然、docomoのスマホならIIJmioでもそのまま使えます。IIJmioではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。すでにNTTドコモのスマホを所持されている方であれば、契約はSIMカードの分だけでOKですので、機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。docomoの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

初速バースト!低速通信時も快適

IIJmioには他社にはない機能があります。それがバースト機能です。バースト機能にはどのような効果があるのか、解説していきます。バースト機能とは、低速通信時、最初の1~3秒程度のみ高速通信を行い、コンテンツが読み込まれる速さを改善するものです。これにより、低速通信時でもページ表示速度が速くなるので、体感上の遅さと言ったストレスが低減され、スムーズにインターネットが使えますので、モバイル選びには大切な機能となっています。しかし、このバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioでしか取り扱っていない機能のようです。

あまったデータ容量の繰越しに対応

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、
あまり使用せず、データ通信量が残ってしまう月もあるのではないでしょうか。話題の格安スマホ、IIJmioでは、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、データ容量を持ち越せるという点では、IIJmioの大きな武器でもあります。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

両親+子どもでも余裕で使える、SIMカード10枚までOK

llJimioのSIM追加サービスを利用すると、利用可能なSIMカードの数をこれまでの3枚から10枚までと改定することになりました。家族で10人分、IIJmioへ乗り換えると、今払っている携帯料金とのあまりの違いに驚くこと間違い無し!今やスマートフォンは現代人の生活必需品なので、家族全員分の金額ともなれば節約できる料金も大きな金額になるでしょう。この際、家族そろってIIJmioに乗り換えてみませんか?もちろん、購入後のフォローもしっかりしているので、初めて利用する方でも安心して使えます。みまもりパックを付け加えることで、有害なサイトなどから子供を守ることができ、キッズスマホとして安心してご利用できます。

IIJmioのインターネット速度

多くのMVNOの中でのみおふぉんの特徴としては、docomo 4GLTE回線で通信速度225Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。通信速度に関しても、安定して高速を保っていて、口コミサイトでのレビューでは、非常に良い評価を受けているという印象です。体感速度の早さと料金の安さを同時に追求したいという方にこそ、
IIJmioを利用するのがいちばんいいと思います。

IIJmioでの3日間制限

IIJmioの場合、低速通信を利用している時には、直近3日間に利用をしすぎてしまうと速度制限がかかってしまいます。しかし、高速通信利用中のデータ通信量は対象外なので、ご安心ください。私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、予め決まっている量を越した方に対しては、データ通信速度を遅くされてしまいます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。

IIJmioの口コミ

IIJmioが多くの人に選ばれているのは、まず知名度が高いこと、そしてアフターサービスの評価が高いことです。顧客満足度の調査では、総合部門で最優秀賞を獲得しており、いかにお客様に支持されているかがわかります。サポートはネットはもちろん電話でも受け付けているので、初めて格安スマホを使う方にとっても、不安なく使えるため、非常にオススメのMVNOです。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が動画視聴にも

IIJmioの評判や口コミでよく耳にするのは、速く確実につながる安定性と電話での対応も受け付けてくれる手厚いサポート体制が、その評価を高めている要因のようです。イードが主催する格安SIMアワードにおいて総合満足度で最優秀賞を獲得しています。やはり、IIJmioは格安スマホ選びにおいては、有力な候補の一つになると思います。今数多くあるMVNOですがその中でもブランド力と信頼性を兼ね備えたMVNOと言えるのではないでしょうか。口コミランキングなどで常に上位で評判の良いMVNOですので、格安で高品質なSIMカードを求める方には、このMVNOを選んでみてはどうでしょうか?

【今月開催中】キャンペーンは?

mineo

格安スマホ「mineo」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

mineo料金に関して

mineoの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。月々の携帯代と見比べながら、mineoに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。さて、料金プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金

mineoの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

解約手数料について

mineoの解約制限と解約違約金について、説明していきます。最低利用期間等の縛りがないmineoは、解約時に解約手数料が掛かりません。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、かなり訴求力の高いMVNOと言えるでしょう。ただ、1年以内にMNPで転出した場合は、12420円のMNP転出手数料がかかります。音声SIM契約の場合には、この点気をつけてください。

mineo速度

格安SIMで気になるといえば通信速度。ということでmineoの通信速度を調べてみました。docomoの回線を使用するドコモプランの回線速度はLTE回線(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)で、auですと、225MbpsのLTE回線です。ブログやネットニュースでも知られていますが、混雑する時間帯では、キャリア契約の回線より速度が遅くなってしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、キャリア契約が無難と言えます。通信の状況によって速度が落ちることがあってもその分料金が安いので、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo AU回線プランにおける72時間制限

どのMVNOでもそうですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。具体的には3日あたりの通信容量が、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。mineoの場合、契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値となっているようです。

mineo docomo回線プランでの3日間制限

mineoのドコモプラン(Dプラン)では、最近の3日間の通信量がいくらであっても、速度制限をしません。データ通信量が日によって大きく異る方の場合は、Aプランではなく、Dプランで契約した方が、3日制限のことを考えなくて済むでしょう。そうした日頃のスマホの使い方を良く検討して、より良いプランを選択されるのがいいと思います。

mineoのチェックすべき項目

ケイ・オプティコムの格安SIM・格安スマホサービスmineoは、docomo回線とAU回線が利用できるMVNOです。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。毎月の支払料金が1310円という低価格なスマホサービスとして話題を集めています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、ドコモ回線とau回線が使える国内初のサービスを展開しています。音声品質や対応エリアも同レベルのため、安心して使うことが出来ますね。ということで!mineoの魅力をぐっと凝縮しました。お楽しみ頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホ

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。docomoやAUの回線を利用するので、docomo・AUのスマホを現在利用している場合はそのまま使用することができ、新規購入の必要がなくなります。新たに高いスマートフォンを購入する必要が無いことは、節約にもつながり驚きですね。mineoでもsimフリー端末を販売しており、simカードとセットで購入することもできます。docomoとauと同じ回線が安く使え、自分に合った回線を、docomo回線とAU回線の2系統から選択する事が出来ます。どちらの回線を使うかによって毎月の料金が若干違うので、値段の違いも考慮して検討すると良いでしょう。

高品質通話VoLTE対応!

mineoで話題の、VoLTE対応プラン。VoLTEとは、今までの音声通話よりも聴き取りやすい高音質な通話が可能になった、最新の通話技術を備えた名称です。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。今回のVoLTEでは、50Hz~7kHzまでと、格段に音域が広がりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。高音質の通話ができることがmineoの大きな特徴です。

データくりこしが可能

mineoの料金プランでは、高速通信容量(データ量)の翌月繰越も可能なため、月によってデータ通信量に差がある方にも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチを駆使して、データ量を節約

mineoスイッチという切り替え機能があるので、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、安価なデータ量プランで済ます事も出来ると思います。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

期限間近のキャンペーン

dmmmobile

格安スマホ「DMMモバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

DMMモバイルとは?

MVNOの中でも人気が高いDMMモバイルは、「DMM.com」という動画配信サイトを運営している会社の格安スマホサービスです。DMMモバイルはスマホ業界 最安値を打ち出しており、他社との最大の比較できるところである。月々の使用料を抑えたいと思う方には、MVNOの中で一番おすすめです。肝心の通信回線についても安かろう悪かろうではなく、速度と安定性で定評のある「IIJmio」の通信設備を使っていますので、
Webの閲覧や動画の再生にストレスなく使用できます。そんな訳で、今回は、DMMモバイルの料金や解約について、まとめましたので、節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomoエリアで使える格安SIM・格安スマホ

豊富な動画コンテンツの配信サービスでおなじみのDMM.comの格安スマホサービス「DMMモバイル」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。docomoと同じ回線を利用しているため、通話の品質もdocomo同様ですし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、お持ちの機種をそのままDMMモバイルで利用することができます。さらに、SIMフリースマホというDMMモバイルの商品を一緒に買うことも出来ます。勿論、お客様がすでにdocomoのスマホをお持ちならば、SIMカードのみの契約でご利用できますので、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがDMMモバイルです。

iPhoneが分割可能!

DMMモバイルの特徴といえば、iPhoneを分割払いで購入できることです。他社が販売しているMVNOでは、日本製以外のSIMフリー端末しか扱っていないため、ほとんどのMVNOはiPhoneを取り扱っていません。ですが、DMMモバイルは最新のiPhoneも売り出しており、MVNO事業者の中で、iPhoneの分割購入が可能な事業者を選ぶのであれば、DMMモバイルを選ぶべきでしょう。MVNOでiPhoneを買いたいと思うのであれば、DMMモバイルをチェックすると良いでしょう。ただ、iPhoneは売り切れになっていることがほとんどですので、常々チェックして、在庫があれば、早めに申し込んでください。

あまったデータ容量の繰り越し

プランによって高速通信量は変わりますが、あまり通信を利用せず、データ容量がたくさん残ってしまうという月もあるでしょう。話題の格安スマホ、DMMモバイルでは、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。余った容量を繰り越せないで、そのまま消滅してしまうMVNOもあるなか、繰り越しに対応しているDMMモバイルはこの点魅力的です。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

オンラインで即日MNPができる!

即日MNPに対応しているのも、DMMモバイルの魅力の一つです。MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、ネット上から簡単な手続きを済ませるだけで、携帯電話が不通になる期間なく、乗り換えが可能となりました。いままで、即日MNPをしたい場合には、店頭に出向く必要がありましたが、現在では、自宅だけでなく出先でも即日でMNPによる切り替えができるのです。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?手続きは、自宅にSIMカードが到着したら、DMMモバイルのマイページで。回線切替というボタンをクリックするだけです。非常に手軽にMNPの手続きができますし、格安スマホに乗り換える為のハードルも低くなっている訳です。

ポイントバックでお得、DMMポイントを毎月ゲット

DMMモバイルの契約期間中は、月々DMMポイントがが10%還ってくるという、支払いを押さえたい方にはお得なキャンペーンが開催されています。このキャンペーンでは、月額料金はもちろんのこと、なんと通話料やその他のオプション料金にも対象となるので、日頃からスマホ代の高さが気になってる人にとっては見逃せないキャンペーンです。実際のところ、モバイル業界の格安料金の先頭を引っ張るDMMモバイルですから、その上、10%をポイントとして還元してくれるため、月額費用で考えると、かなりお得なMVNOであると言えます。コストパフォーマンスの高い通信サービスを求める方にはDMMモバイルは最も有力な選択肢の一つです。

話題のバースト機能│低速時がより快適に。

DMMモバイルには、「バースト機能」というものが搭載されています。「バースト機能」という言葉だけではどのようなものかイメージしにくいと思いますので、簡単に仕組みとメリットを紹介します。バースト機能とは、低速通信時の最初の数秒間、高速通信を行う事で、それにより、新しく開くページの表示速度がぐんとあがる機能なのです。このバースト機能があるのとないのとでは、低速通信時におけるページの読み込み時間にかなりの違いが生じ、
利用時にストレスを感じる事も減少するため、動画視聴やWebサイトの閲覧をより快適に利用できるという、今、脚光を浴びている機能です。
しかし、バースト機能が使えるのは、DMMモバイルとllJmioだけです。

DMMモバイル月額費用と解約

DMMモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在使っているスマホの月々の料金と比べると、通信費用をどの程度カットできるのか、じっくりと見比べてみてください。 月額プランの詳細を見てみましょう。

DMMモバイルの月額プラン

DMMモバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データ専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの解約違約金

DMMmobileの解約違約金に関して、説明していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方、音声通信SIMには、最低12ヶ月という契約縛りがあるのです。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、手数料として9,000円を徴収されることになります。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルの良いところとしては、月額費用の安さと信頼性のおける高速通信、この二点に尽きます。月額料金を抑えて安定した通信を求めている方に、まさにオススメのMVNOだと思います。レビューサイト等での評価の多くは、料金とインターネットの速度のようです。

スピードが速いのが魅力的!

DMMモバイルを利用している人の評価でよく聞いたり読んだりするのが、実行速度の速さと安定した高速通信です。お手ごろな月額料金に加えて速度も申し分なく、評価が高い格安SIMだそうです。DMMポイント還元がさらに付きますので、速度と費用の点で言うなら、文句なしの格安スマホでしょう。スマホデビューにもってこいの格安スマホ、DMMモバイルをおすすめします。

DMMモバイルの速度

MVNOの中でDMMmobileは、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。通信スピードは高速かつ安定しており、口コミなどを見てみても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。安くてネット環境が整っているスマホが欲しいという方は、まさに理想的なMVNOがDMMモバイルと言えます。

DMMモバイルにおける3日間制限

DMMモバイルは、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。しかし、高速通信を利用している場合には、いずれのデータ通信量であっても72時間制限の影響を受けることはありません。私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、200Kbpsという低速通信を適用します。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。

【間もなく終了のキャンペーン】

ユーモバイル

格安スマホ「ユーモバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

Umobile月額プラン

Umobileで現在利用可能な料金プラン等について説明したいと思います。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、目安にしてみると検討しやすいでしょう。これから、月額プランを見てみましょう。

料金プラン・初期費用

Umobileの月額プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今使っている携帯電話と同じように使うには、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声SIM「LTE使い放題2プラン」は12ヶ月継続してご利用いただく必要がありますが、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安く済む格安のサービスです。

最低利用期間について

ユーモバイルの解約制限について、解説していきます。UmobileのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『6ヶ月間』が設定されています。6ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、違約金として6,000円の支払いが必要となります。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、7か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

LTE使い放題2プランの解約手数料について

Umobileにおいては、他社と違ってLTE使い放題2プランだけが、他のプランの契約と違い、解約に関する制限があります。契約日から半年以内に解約をしたい場合に、9,500円の解約料金が発生します。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。他のプランとは違い、特別に最低利用期間・解約料が設定されている事は理解しておいてください。以上のような制限がありますが、月々の費用が250円安くなるメリットもあるので、最低でも1年以上使うことを前提としている方々にとっては、LTE使い放題プランの方がメリットが大きいと言えます。

Umobileの評判について

Umobileを利用する最大の利点を考えたら、無制限にLTEが使えるプランがLTE使い放題プランです。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、各社が提供している中でも、大変珍しいプラン内容です。他社からの乗り換えに、このプランを活用すれば、毎月の携帯料金を減らすことができると思います。

音声SIMなら、毎月最大600ポイントバック!

人気で評判の動画配信サービス「U-NEXT」で使うことのできる、U-NEXTポイントが毎月付加される、ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。LTE使い放題2というプランだけ、ポイント数は毎月400と設定されています。それ以外のプランの場合、1ヶ月あたり600となります。「U-NEXT」では動画1作品の値段が300円ほどなので、映画やアニメなどの動画を2本無料で視聴することができます。U-NEXTで配信される作品は、映画はもちろんのこと国内外のドラマやアニメなど、様々なジャンルを幅広く取り揃えています。月に3千円以下の支払いでポイントが400~600も貯まるというのは、かなり、還元率の高いポイントサービスだと言えます。

Umobileの特色

MVNOの一つである、Umobileは、株式会社U-NEXTが運営しており、動画配信サイト「U-NEXT」も運営しています。「U-NEXT」は2015年に上場審査の厳しい東京証券取引所第一部に上場を果たしている企業でもあり、安心感や信用性という面でも非常に高いですし、それまでは余り知られていない存在ではありましたが、若々しく活力にあふれ今、非常に勢いにのって伸びているMVNO業界の期待株です。
また、格安スマホとしては珍しく、LTEの高速通信が無制限のプランがあるのも特色です。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。早速ですが、Umobileのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。Umobileの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoネットワークを使った格安スマホサービス

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままUmobileの端末としてご利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、新たに本体を購入する必要がなく、費用を抑えることができます。信用と安心のdocomoの品質とエリアが初期費用も毎月の支払いも格安で使えるUmobileって凄くお得なサービスですね。

LTEが無制限!

「LTE無制限」これはUmobileが展開する格安スマホとしては珍しいプランがあり、これは他のMVNOと大きく異なる点で、そういった点で、このプランはUmobileの強みとなっています。高速のLTE回線をいつでも好きなだけ利用したい人にとっては、容量制限や速度制限が無いことは、とても歓迎すべきプランですね。LTEの高速通信が使い放題なのに、月額料金は3,000円未満という驚きの料金です。メジャーな事業者と比べてみても、コストパフォーマンスがかなり秀でていることが明白なプランです。毎月の通信量が多い人にとっては、とても助かる料金設定になっていますね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。LTE使い放題プランについて興味をお持ちの方は、Umobile公式サイトでより詳細をご確認ください。

即日MNPもできる!

即日MNPに対応しているのも、Umobileの魅力の一つです。なぜ対応可能なのかというと、MNP届け出方式の採用により、インターネットでお申し込みをするだけで、携帯が使えない期間なく、MNPが可能となりました。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。これまで格安料金に魅力を感じながらMNPの際に携帯を使えない期間が生じるのがNGで、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。手続きとしては、SIMカード到着後、Umobileマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。これでMNPの切り替えが完了。格安スマートフォンへの乗り換えが簡単に出来るようになっています。

ユーモバイルの速度

現在、数多くのMVNOが存在していますが、その中でUmobileはdocomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。

Umobileでの速度制御

キャリアもMVNOもそうですが、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。Umobileは、この点、独自対応をしていて、規定通信量を発表していません。

今月開催のキャンペーン

UQモバイル

格安スマホ「UQモバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

UQモバイル評価について

UQモバイルが一番力をいているところは、通信速度の速さが大きな魅力の一つです。各所でも高い評価をする声が多く、ネット上でも通信速度と同様に圧倒的な評価を得ています。料金プランがシンプルであり、月々の料金面での安さでは、他社に劣っている部分もありますが、通信品質の圧倒的な評価を考えると、選んで損はありません。格安スマホもそれを考えればおのずと選択肢の必要性となるでしょう。

口コミで評判のよい実効速度

UQモバイルの一番の利点は、他MVNOよりも速く安定した高速通信を実現している点が挙げられます。もちろん私がメインで利用しているスマホのSIMは、UQモバイルです。より快適な通信速度を保っているので、UQモバイルの使用頻度が1番高いです。知り合いの間で、MVNOって色々あるけどどこを選べばいい?と聞かれれば、間違いなくUQモバイルと答えます。月額の価格がやや高い印象もありますが、快適な高速通信が実現できることを考えると、賢い選択と言えるでしょう。

UQモバイルの通信スピード

たくさんあるMVNOのうち、UQモバイルは、通信速度が速いという特徴が知られています。格安SIMアワード2015で実証されたように、通信速度部門で最優秀賞を受賞したのが、このUQモバイル。MVNOを選ぶときに通信速度が速いものを選びたいのであれば、UQモバイル以外には考えられないでしょう。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルでの3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、利用者全てが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、予め決まっている量を越した方に対しては、200Kbpsの速度規制が行われます。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。UQモバイルでは、料金プランによる規定値は決められておらず、各プラン共通で直近3日で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの特色

MVNOの一種であるUQモバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。auなどの大手キャリアから、UQモバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。月々1,680円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。回線はAUで使用しているものを使っているため、通話品質や電波の届き具合もAUとなんら変わりはありません。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。これからUQモバイルへのMNPを検討中の方の為に、UQモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。UQモバイルで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

AUネットワークを使った格安SIM

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが提供している格安SIM、UQモバイルはAUの通信回線を使っています。そのため、通話品質もAUと変わらず、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。AUのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。UQモバイルが提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。すでにAUのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でUQモバイルの利用を開始できますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。
UQモバイルとは、AUの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

VoLTE(ボルテ)に対応

VoLTE対応プランがあることで話題となったのが、UQモバイルです。VoLTEとは、従来の音声通話より音がこもらずクリアな高音質の通話のことで、最新の音声通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。VoLTE対応はUQモバイルにとって最大なメリットともいえるのです。

データ量繰越しに対応

UQモバイルにつては、データ量の翌月くりこしにも対応している為、毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも、無駄なく使えるというのは魅力の一つです。UQモバイルには、ターボ機能というものもあり、通信速度を、高速と低速に任意で切り替えることも出来ます。データ容量を節約できるので便利な機能ですね。”

UQモバイル料金プラン

ここではUQモバイルの料金・通信スピードなどを紹介すると共に、そのメリットを解説していきたいと思います。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか、比較しながら読んでいただきたいです。 UQモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

Uqmobileの月額プラン

UQモバイルの料金プランに関しては、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、今使っている携帯電話と同じように使うには、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの最低利用期間について

UQモバイルの解約縛りと解約手数料について、説明していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。1年以内に解約をした場合は、違約金として9,500円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

【期間限定キャンペーン】UQモバイル

楽天モバイル

格安スマホ「楽天モバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルは、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。通信スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの通信制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、誰もが同じように使用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、規定の通信量を超えた利用者には、速度制限が実施されます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天mobileとは?

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。またdocomo回線を利用しているため、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。さて、それでは、早速、楽天モバイルの魅力をぐっと凝縮しました。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomo回線網のMVNO!

楽天モバイルの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。楽天モバイルのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

格安スマホの機種がよりどりみどり

楽天モバイルに対応していないスマートフォンをお持ちでない方は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末購入代金の分割払いは、楽天カードでの分割払いのみ可能なことです。そのため楽天カードを利用していない方は、端末代金は一括払いするしかありません。それでも、多数の機種を取り扱っているのでMVNOでは圧倒的な人気を誇っています。

データ通信量の繰り越し

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そんなとき、利用しているのが楽天モバイルだったなら、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、そういった点においても、楽天モバイルの大きな魅力の一つです。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。当たり前ですが、このときに通知されるのは、使用している携帯電話の番号です。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。また、楽天でんわでかけた通話料にも、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!キャリアと同じような、通話し放題も開始されました。

5分電話し放題開始

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルが発表した新しいサービスで,1回の通話につき5分以内であれば,850円/月の使用料で何度も無料で通話できるというオプションサービスです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。同じMVNOのNifMoでも通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号を通知することができない例がレビューブログで報告されていました。楽天でんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、楽天モバイルにすれば、 契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランや速度について、解説していきます。月々の携帯代と見比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。どれだけ安いのか、月額プランの詳細を見てみましょう。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルのプランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので通常通りの携帯電話として使う際には、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている225Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

解約縛り

楽天モバイルの最低利用期間と違約金について、解説していきます。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、解約手数料9800円取られますのでご注意ください。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

開催中のキャンペーン情報