mineo

格安スマホ「mineo」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

mineo料金に関して

mineoの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。月々の携帯代と見比べながら、mineoに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。さて、料金プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金

mineoの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

解約手数料について

mineoの解約制限と解約違約金について、説明していきます。最低利用期間等の縛りがないmineoは、解約時に解約手数料が掛かりません。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、かなり訴求力の高いMVNOと言えるでしょう。ただ、1年以内にMNPで転出した場合は、12420円のMNP転出手数料がかかります。音声SIM契約の場合には、この点気をつけてください。

mineo速度

格安SIMで気になるといえば通信速度。ということでmineoの通信速度を調べてみました。docomoの回線を使用するドコモプランの回線速度はLTE回線(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)で、auですと、225MbpsのLTE回線です。ブログやネットニュースでも知られていますが、混雑する時間帯では、キャリア契約の回線より速度が遅くなってしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、キャリア契約が無難と言えます。通信の状況によって速度が落ちることがあってもその分料金が安いので、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo AU回線プランにおける72時間制限

どのMVNOでもそうですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。具体的には3日あたりの通信容量が、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。mineoの場合、契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値となっているようです。

mineo docomo回線プランでの3日間制限

mineoのドコモプラン(Dプラン)では、最近の3日間の通信量がいくらであっても、速度制限をしません。データ通信量が日によって大きく異る方の場合は、Aプランではなく、Dプランで契約した方が、3日制限のことを考えなくて済むでしょう。そうした日頃のスマホの使い方を良く検討して、より良いプランを選択されるのがいいと思います。

mineoのチェックすべき項目

ケイ・オプティコムの格安SIM・格安スマホサービスmineoは、docomo回線とAU回線が利用できるMVNOです。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。毎月の支払料金が1310円という低価格なスマホサービスとして話題を集めています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、ドコモ回線とau回線が使える国内初のサービスを展開しています。音声品質や対応エリアも同レベルのため、安心して使うことが出来ますね。ということで!mineoの魅力をぐっと凝縮しました。お楽しみ頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホ

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。docomoやAUの回線を利用するので、docomo・AUのスマホを現在利用している場合はそのまま使用することができ、新規購入の必要がなくなります。新たに高いスマートフォンを購入する必要が無いことは、節約にもつながり驚きですね。mineoでもsimフリー端末を販売しており、simカードとセットで購入することもできます。docomoとauと同じ回線が安く使え、自分に合った回線を、docomo回線とAU回線の2系統から選択する事が出来ます。どちらの回線を使うかによって毎月の料金が若干違うので、値段の違いも考慮して検討すると良いでしょう。

高品質通話VoLTE対応!

mineoで話題の、VoLTE対応プラン。VoLTEとは、今までの音声通話よりも聴き取りやすい高音質な通話が可能になった、最新の通話技術を備えた名称です。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。今回のVoLTEでは、50Hz~7kHzまでと、格段に音域が広がりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。高音質の通話ができることがmineoの大きな特徴です。

データくりこしが可能

mineoの料金プランでは、高速通信容量(データ量)の翌月繰越も可能なため、月によってデータ通信量に差がある方にも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチを駆使して、データ量を節約

mineoスイッチという切り替え機能があるので、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、安価なデータ量プランで済ます事も出来ると思います。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

期限間近のキャンペーン