楽天市場のお買い物ポイントが2倍!楽天モバイルの魅力その1

楽天モバイルの魅力の一つに、楽天市場での買い物ポイント倍付けという大きな魅力があります。

今回は、これをご紹介していきたいと思います。

楽天市場の買い物すべてが対象

楽天モバイルの音声通話SIMを契約している場合、楽天市場でのお買い物全てがポイント2倍になります。

これは、楽天市場トップページにも掲載されていますが、「楽天スーパーポイントアッププログラム」の部分を参考にしてみてください。

楽天モバイルの音声SIMを契約するだけで、ポイントが全商品2倍。

さらに、楽天カードを使用している場合、全商品5倍と、かなりの高還元率が期待できます。

5倍ということは、通常分の1倍に対して、4倍分が上乗せされるということですので、上乗せ分がいくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

月間5万円、楽天市場で買い物する場合、2,000ポイントが上乗せされますので、楽天モバイルの代金分ぐらい浮くイメージですね。

楽天ポイントには、2種類のポイントがあります。

・通常ポイント
・期間限定ポイント

これら2種類のポイントが存在し、期間限定ポイントは、期間だけでなく用途も限定されるポイントで、通常ポイントよりも使い勝手が悪くなっています。

通常ポイントであれば、楽天Edy・ANAマイルへの交換等が可能です。
しかし、期間限定ポイントの場合には、楽天EdyやANAマイルへの交換はNGです。

と、ここで気になるのが、楽天モバイル契約特典のポイント倍付けキャンペーンは、どちらのポイントが付与されるのかということですね。

付与ポイントは通常ポイント

楽天モバイルのポイント倍付けキャンペーンで付与されるポイントは、通常ポイントとなっています。

嬉しい!

ANAマイル・Edyへの交換もOK!

つまり、ANAマイルを貯めている陸マイラーの方にも嬉しいキャンペーンです。

また、楽天Edyユーザーさんであれば、楽天Edyに交換して利用できる為、嬉しいキャンペーンですね。

【終了間近】楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルで開催中のポイントバックキャンペーンと端末割引キャンペーンになります。
こちらからキャンペーン内容をご確認ください。

楽天モバイルキャンペーン情報まとめ

楽天モバイル

格安スマホ「楽天モバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルは、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。通信スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの通信制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、誰もが同じように使用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、規定の通信量を超えた利用者には、速度制限が実施されます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天mobileとは?

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。またdocomo回線を利用しているため、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。さて、それでは、早速、楽天モバイルの魅力をぐっと凝縮しました。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomo回線網のMVNO!

楽天モバイルの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。楽天モバイルのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

格安スマホの機種がよりどりみどり

楽天モバイルに対応していないスマートフォンをお持ちでない方は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末購入代金の分割払いは、楽天カードでの分割払いのみ可能なことです。そのため楽天カードを利用していない方は、端末代金は一括払いするしかありません。それでも、多数の機種を取り扱っているのでMVNOでは圧倒的な人気を誇っています。

データ通信量の繰り越し

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そんなとき、利用しているのが楽天モバイルだったなら、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、そういった点においても、楽天モバイルの大きな魅力の一つです。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。当たり前ですが、このときに通知されるのは、使用している携帯電話の番号です。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。また、楽天でんわでかけた通話料にも、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!キャリアと同じような、通話し放題も開始されました。

5分電話し放題開始

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルが発表した新しいサービスで,1回の通話につき5分以内であれば,850円/月の使用料で何度も無料で通話できるというオプションサービスです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。同じMVNOのNifMoでも通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号を通知することができない例がレビューブログで報告されていました。楽天でんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、楽天モバイルにすれば、 契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランや速度について、解説していきます。月々の携帯代と見比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。どれだけ安いのか、月額プランの詳細を見てみましょう。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルのプランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので通常通りの携帯電話として使う際には、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている225Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

解約縛り

楽天モバイルの最低利用期間と違約金について、解説していきます。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、解約手数料9800円取られますのでご注意ください。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

開催中のキャンペーン情報