ユーモバイル

格安スマホ「ユーモバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について

Umobile月額プラン

Umobileで現在利用可能な料金プラン等について説明したいと思います。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、目安にしてみると検討しやすいでしょう。これから、月額プランを見てみましょう。

料金プラン・初期費用

Umobileの月額プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今使っている携帯電話と同じように使うには、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声SIM「LTE使い放題2プラン」は12ヶ月継続してご利用いただく必要がありますが、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安く済む格安のサービスです。

最低利用期間について

ユーモバイルの解約制限について、解説していきます。UmobileのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『6ヶ月間』が設定されています。6ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、違約金として6,000円の支払いが必要となります。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、7か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

LTE使い放題2プランの解約手数料について

Umobileにおいては、他社と違ってLTE使い放題2プランだけが、他のプランの契約と違い、解約に関する制限があります。契約日から半年以内に解約をしたい場合に、9,500円の解約料金が発生します。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。他のプランとは違い、特別に最低利用期間・解約料が設定されている事は理解しておいてください。以上のような制限がありますが、月々の費用が250円安くなるメリットもあるので、最低でも1年以上使うことを前提としている方々にとっては、LTE使い放題プランの方がメリットが大きいと言えます。

Umobileの評判について

Umobileを利用する最大の利点を考えたら、無制限にLTEが使えるプランがLTE使い放題プランです。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、各社が提供している中でも、大変珍しいプラン内容です。他社からの乗り換えに、このプランを活用すれば、毎月の携帯料金を減らすことができると思います。

音声SIMなら、毎月最大600ポイントバック!

人気で評判の動画配信サービス「U-NEXT」で使うことのできる、U-NEXTポイントが毎月付加される、ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。LTE使い放題2というプランだけ、ポイント数は毎月400と設定されています。それ以外のプランの場合、1ヶ月あたり600となります。「U-NEXT」では動画1作品の値段が300円ほどなので、映画やアニメなどの動画を2本無料で視聴することができます。U-NEXTで配信される作品は、映画はもちろんのこと国内外のドラマやアニメなど、様々なジャンルを幅広く取り揃えています。月に3千円以下の支払いでポイントが400~600も貯まるというのは、かなり、還元率の高いポイントサービスだと言えます。

Umobileの特色

MVNOの一つである、Umobileは、株式会社U-NEXTが運営しており、動画配信サイト「U-NEXT」も運営しています。「U-NEXT」は2015年に上場審査の厳しい東京証券取引所第一部に上場を果たしている企業でもあり、安心感や信用性という面でも非常に高いですし、それまでは余り知られていない存在ではありましたが、若々しく活力にあふれ今、非常に勢いにのって伸びているMVNO業界の期待株です。
また、格安スマホとしては珍しく、LTEの高速通信が無制限のプランがあるのも特色です。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。早速ですが、Umobileのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。Umobileの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoネットワークを使った格安スマホサービス

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままUmobileの端末としてご利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、新たに本体を購入する必要がなく、費用を抑えることができます。信用と安心のdocomoの品質とエリアが初期費用も毎月の支払いも格安で使えるUmobileって凄くお得なサービスですね。

LTEが無制限!

「LTE無制限」これはUmobileが展開する格安スマホとしては珍しいプランがあり、これは他のMVNOと大きく異なる点で、そういった点で、このプランはUmobileの強みとなっています。高速のLTE回線をいつでも好きなだけ利用したい人にとっては、容量制限や速度制限が無いことは、とても歓迎すべきプランですね。LTEの高速通信が使い放題なのに、月額料金は3,000円未満という驚きの料金です。メジャーな事業者と比べてみても、コストパフォーマンスがかなり秀でていることが明白なプランです。毎月の通信量が多い人にとっては、とても助かる料金設定になっていますね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。LTE使い放題プランについて興味をお持ちの方は、Umobile公式サイトでより詳細をご確認ください。

即日MNPもできる!

即日MNPに対応しているのも、Umobileの魅力の一つです。なぜ対応可能なのかというと、MNP届け出方式の採用により、インターネットでお申し込みをするだけで、携帯が使えない期間なく、MNPが可能となりました。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。これまで格安料金に魅力を感じながらMNPの際に携帯を使えない期間が生じるのがNGで、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。手続きとしては、SIMカード到着後、Umobileマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。これでMNPの切り替えが完了。格安スマートフォンへの乗り換えが簡単に出来るようになっています。

ユーモバイルの速度

現在、数多くのMVNOが存在していますが、その中でUmobileはdocomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。

Umobileでの速度制御

キャリアもMVNOもそうですが、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。Umobileは、この点、独自対応をしていて、規定通信量を発表していません。

今月開催のキャンペーン

4 thoughts to “格安スマホ「ユーモバイル」の速度・最低利用期間・速度制限・3日制限について”

    1. 「3日2.4Gから、1Gに改悪された」というのが、
      どこからの情報か分かりませんが、
      Umobileでは3日制限の規定値は公表されていません。

  1. U-mobileサポートのY崎さんとの電話のやり取りから、3日で1G越えが基準値のラインと推測されます。
    私の場合は1日約500M、3日で1.5Gとサポートの調べで規制にかかりましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)